お問い合わせ

108 クレンジングメソッド

  • URLをコピーしました!

この記事は約6分で読めます。
本文は約3628文字です

メソッドの実行が強迫観念のようになっていませんか?

気楽に考えてみてください。気休めに聞こえるかもしれませんが、あなたが今自分の現実だと感じている状況とあなたの感情が一致しなくてはいけないということはありません。

一度、所詮、他人事だと思ってみてください。

色んな方法論を片っ端から試す必要はないと思いますが、様々な考え方に触れておくのは大変役に立ちます。

自分の内面に柔軟性が出てきて、邪魔な固定観念を壊して再構築するのが容易になるからです。

固定観念を壊すといえば『クレンジング』ですね。

多少蒸し返しになりますがこれについて 少し補足しておきます。

目次

クレンジングとは?

クレンジングとは、『自分の中で願望実現の妨げとなっている観念や感情、考え方を取り除くこと』だと解釈しています。

その意味で 必ずしもネガティブ感情と向き合うことだけがクレンジングではありません。

私が紹介した『自分自身に問いかける方法』にもクレンジングの要素が含まれています。

自分の内面で自動的に行われている思考・習慣に一度ストップをかけて向き合うことで、その観念に意識の光が当たり届きやすい状態になるのです。

しかし、以前、誰かがおっしゃったようにクレンジングしなければうまくいかないとまで考える必要はないと私も思っています。

何につけこうしなければならないというものは一つもありません。

実行的な側面では クレンジングは単なる自己満足や思い込みにとどまらない(それが必要な人にとっては 極めて強力なツールになる)ということは 申し上げておきます。

クレンジングで ネガティブな感情を増幅して、それが引き寄せられたらどうしよう、というメンタリティでクレンジングを行っても意味がありません。

ネガティブ思考を増幅するために『それ』と向き合うのではなく、邪魔になっている障害として取り除くために、『それ』に意識の光を当てるのです 。

ネガティブと意識してそれから目を背けている状態というのは、実はそれに返って力を与えている状態だということです。

クレンジングというのはそれを無効化するプロセスです。

だから何かを引き寄せようとした時、自分の内面に何か抵抗を感じたら、それは実現に対して邪魔な観念があるよというサインです。

仮にあなたの願望が大金持ちになることだとしましょう。
私は大金持ちだと声に出して、今 断定してみてください。
この状態に抵抗がある人はまず声に出すことさえ憚ります。
声に出せた人でも何か違和感を感じる人もいるでしょう。
いや私は金持ちなんかじゃ ないよと、これで自分が金持ちになるのに 邪魔な観念があることがわかりました。

あとはこの部分をクレンジングして分解中和していけばいいわけです。

本来エイブラハムの教えを100%実行できればクレンジングの必要性はないかもしれません。しかし抱えている問題が本人にとって深刻度が高いほど100%適用できる人というのは稀だと思います。

深刻度が高いほど、本人の中で、こうでなければならないという思考が強力だからです(本当はそうでなければならないことなどありません)。

そういう心理状態で エイブラハムのメソッドを実行するのは難しい人もいるでしょう。そうすると今度は 是が非でも状況を打開するためには メソッドを実行しなければならないという心理が働きますから、本末転倒です。

ですから、そういう人にはクレンジングという自分をサポートしてくれるメソッドもいろいろとあるよ、ということを知っておいてもらいたいと思います。クレンジングは引き寄せと相反するメソッドではなくその人の状態によっては引き寄せの強力なサポートになるということです。

クレンジングの方法 1

クレンジングには様々な方法があり、これを やればベストというのは特定しにくいのです。

自分にフィットする方法というのはその人にしか分からないものです。一切紹介しないのも意地悪なので少しだけ紹介しておきます。

先の金持ちの例

先の金持ちの例で言えば、こういう方法があります。

内面がいや私は金持ちなんかじゃないよ、と返してきたら、どうして金持ちなんか じゃないの、と返します。

いやどう見たって金なんかないだろうとか返してきます。

どうして、どう見たって金なんかないの?と続けます。

いやいや、だって この間だってお金がなくて旅行を断念したじゃないか?

旅行を断念したらお金持ちじゃないの?

延々続けます。

間に時々私お金持ちであっても別に構わないよね。

ねえなんで?とかはさみながら続けます。

ある程度続けて反発があまり出てこなくなったら(よーするに疲れてきたら)私はお金であっても構わないと言い方を変えてみます。

内面が反発してこなければ成功です。

反発してきたらまた対話を続けます。

これは ほんの一例です。

他にもEFT・TFTなど、いろいろあります。

しっくりこなければ別の方法を探して試してみてください。

先の方で出てきた紙に書いて燃やす方法もあります。工夫して自分に合う方法を見つけ出してみてください。自分に合う方法は必ずあります。

方法1を試してみました。すると内面からのメッセージとして仕事なんかしたくないの強いメッセージが届きました。思わず 笑っちゃいました。仕事なんかしたくないの願いは叶っていました。どうりでいくら求職活動をしても、なかなか見つからないのですね。仕事なんかしたくないと内面が思っているのを方法1で探ってみると、今まで自分は仕事で大変な思いをすることが多く、仕事イコール大変なもの、お金を稼ぐ=大変なことの図式が出来上がっていたようです。そして大変な思いをしたくないと内面は思っているので 仕事が見つからない状況を作り上げていた のだと感じました。

108さん良いテクニックを教えていただきありがとうございます。自分の内面からのメッセージを聞けたので だいぶ気持ちが楽になりました。もちろん私は一体どうやってこの状況を脱したのだろうと、なぜかわからないけど全てうまくいったの問いかけは続けています。素晴らしい未来を想像していこうと思います。

そうなんです。答えは全て自分自身の中にあるんです。この状況を作った原因もそれを打開する方法も全てです。

だから、必死に心配してあれこれ思考の中でむやみに詮索する必要はないのです(心配は本当に何も有益なものを生み出しません)

質問者さんはすべてが解決して好転するレーンにすでに移動しています。自分の体験と照らし合わせてもはっきり そうだと分かります。

自分自身にすべての決定権があるのだと気づいた人は ダイナミックに自分の人生を想像していけるようになります。

どうぞ楽しんでご自分の人生の創造をしていってください。

108さんいつも丁寧にレスありがとうございます。教えていただいた方法1を試してみると色々と埃が出てくるもんですね。今日試しただけでも苦労した対価でどれだけ成功できる、楽して稼ぐ=悪いこと、もしくは風俗等の裏稼業的なもの自分はお金を稼ぐことは大変 との思い込みがかなり強いなと感じました。

そしてその気持ちを乗り越えるために 必死で働いていたのだなと過去を振り返ってました。問いかけを続けるうちに心の琴線が触れたのか涙がボロボロ出てきました。涙を流して心が軽くなった部分もありますが休職中ということもあって急に不安な気持ちも出てきました。内面を見るのはなかなか難しいものですね。

クレンジングの過程で涙がボロボロになることはよくあります。かなり深い部分までクレンジングできている証拠ですよそれは。

また不安が出てきたりもしますが、それでも良いんです。

その不安な気持ちにありがとうと言ってみてください。

不安が出ても いいんですね、あとありがとうは良さそうですね。目を閉じて深呼吸をしながら方法1をしていました。
苦労が多かった⇒苦労が人生の大きな部分を占めてる⇒苦労したらいいんだろうと卑屈な感情が出る⇒引き寄せの法則などで人生を有意義に過ごしたいが苦労のない人生なんてと否定する⇒変化する自分が怖いとの感情が出てきました。今まで本当に我慢してきたんだなと痛感してきましたでも内面は自分を思ってくれていたんだなとも痛感しました。不安を認めてあげてありがとうと労いの言葉を言ってあげたらいいんですね。だいぶ気持ちに余裕が出てきました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次