お問い合わせ

薄毛や脱毛の悩みはコレで解消!必ず押さえたい【5つの食材】とは?

  • URLをコピーしました!

この記事は約3分で読めます。
本文は約1840文字です

ハゲや薄毛でお悩みでしょうか?

実は、ハゲや薄毛に効果がある驚くべき食品があります。

それらの食品は抜け毛を防ぎ、新しい髪の発毛を促進します。なぜなら、DHTをブロックすることで薄毛を改善するのを助けることができるからです。

抜け毛を防ぎ、止め、永遠にハゲないようにするために、この記事で紹介するヴィーガンやベジタリアンの食品を取り入れることをおススメします。

これらの食品は、若年性の抜け毛やハゲを防ぎ、より早く、より太く、より強い髪を育てるのに役立ちます。

目次

パンプキンシード/パンプキンシードオイル


カボチャの種を定期的に摂取した人は、抜け毛が減ったという報告があります。カボチャの種のオイルには発毛効果があるという研究も行われました。いくつかの研究では、カボチャの種とカボチャの種油が自然にDHTを抑制することが証明されました。

直接またはサラダ油と混合して、毎日小さじ1杯のカボチャ種子油を接種しましょう。または、パンプキンシードオイルのサプリメントを使用することでも代用可能です。

また、パンプキンシードオイルは髪や頭皮を局所的にマッサージする時に使用することもできます。

竹茶&イラクサ茶

緑茶を飲む習慣がある人は、竹茶やイラクサのお茶に置き換えましょう。

なぜなら、竹茶には抗酸化物質のほかにシリカが豊富に含まれており、髪や爪を丈夫にしてくれる。
一方、イラクサは天然のDHTブロッカーであり、頭皮のフリーラジカルの損傷を防ぎます。研究によれば、イラクサはフィナステリドのような働きをして、しかも、副作用はありません。

お湯を入れたカップに竹茶やイラクサのお茶の袋を浸して、発毛を促進しながら爽やかな飲み物を楽しむことができる。

霊芝きのこ

抜け毛の主な原因はDHTと呼ばれるホルモンだと言われています。

ある研究では、霊芝きのこは5αリダクターゼ酵素活性を低下させ、DHTのレベルを低下させることがわかっています。

霊芝キノコを、食品または薬やお茶の形で体内に取り入れることで、大幅に発毛を改善し、発毛を促進することができます。

黒ゴマ

黒ゴマは、髪の毛のための秘密の万能薬と言われてます。アーユルヴェーダでは、育毛のために黒ゴマを食べることを非常に重要視しています。黒ゴマに含まれる抗酸化物質がフリーラジカルのダメージを防ぎ、抜け毛を元に戻してくれる。セレン、銅、メラニン、マンガン、マグネシウム、亜鉛などの微量栄養素は、髪の健康を改善する。それだけでなく、メラニンの生成を高めることで、髪の毛の早白化を防ぐこともできる。

黒ゴマを大さじ1杯。油をひかずに弱火で焙煎し、芽が出てきたらコンロから取り出す。冷ましてから大さじ1杯を摂取する。これを毎日食べる。

バジルの種

バジルの種はまた、異なる言語でSabjaの種、Faludaの種、Tukmariaの種と呼ばれている。バジルの種は新しい皮膚や髪の毛の細胞を作るのに役立つコラーゲンを分泌する。また、豊富なタンパク質とミネラルのプロファイルは、それが育毛のためのユニークな食品になっている。

バジルの種を小さじ1杯の水に混ぜ、15分ほど待って完全に浸してから摂取する。毎日摂取することで、大きな効果が期待できる。

まとめ

ハゲや薄毛で悩んでいる人は、この記事で紹介した食品を意識的に取り入れるのがお勧めです。AGAなどの薬は確かにハゲに効果があるかもしれませんが、薬を止めてしまえばすぐにハゲに戻ると言われています。

食品で体質を変えることで体の中からハゲや薄毛を克服しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

使える本物の情報を探す旅をしています。アタマは理系ですが、スピリチュアル的なことや非科学的なことが何故か好きでネットや本で調べています。世界は広く、まだまだ知らないことがたくさんあります。

目次
閉じる