お問い合わせ

【108チケット】今この瞬間を全力で体験する①

  • URLをコピーしました!

この記事は約3分で読めます。
本文は約1951文字です

目次

今この瞬間を全力で体験するとは?

今この瞬間の体験にもう意識を注ぐっていうことです

僕達は普段の体験に対してそこまで意識を注いでいないんです。
この年まで色々体験してくると、大体あらかた体験したことなんでそれの繰り返しみたいなことですね。
「あっ、これ前に体験したあれだ」みたいなことになりますよね。
ってなると…あの、もう仕分け作業になっちゃうんですね。
「あーこれはあれだ」と「だからここうだ」というような感じで、もう体験することじゃなく、仕分けすることの方に意識が行っちゃう。
目の前の体験っていうことから意識がなくなっていく。

小さい子とかは体験、経験値がないから、全部が新規の経験な訳なんです。
だからもう全力で意識を注ぎますから、それを体験しようという意識になると思います

僕たちは目の前にあることとか、いつも体験してることはもう慣れてるし、もういつも体験していることなので、そこまで意識注がなくてもできるようになってます。

例えば 会社行く時とか意識しなくてもできますよね。
でも初めて行くとことかだったら、そんな余裕はない。
え、この道どこに行くの?とか
この駅のどれに乗ればいいんだろう?とか
この電車でどこで降りればいいんだろう?とか
降りてからあそこに行くまではどの道を通ればいいだろう?とかね

そういう時は意識がそこに注ぐようなことになってます。
全力でまさに体験することになってる訳です。

頭の中のことだけではなくて、今は自分の目の前にあることを体験する。
言い方を変えると謳歌することになってるんです。
その体験するっていうことが大事なんで、僕達それ疎かになってしまってるんです。
意識をその体験に方に注いでいけば、ここにある充足っていうのは、知覚できるようになってくるんです。

僕たちは何か体験した時にこれは充足だ不足だとか、レッテル貼っていきます。
バッと状況の認識した時に、これはあれだっていうことでレッテル貼ります。

あれに類似したこれだみたいな形でレッテル貼って、対応しやすくしている訳なんです。
もうその時点でレッテル貼ってるから、もうあと体験しなくていいよみたいに考えます。
十分には体験しなくても分かってるみたいな態度になっちゃう訳なんです。

頭は分かってると言ってるけども、もっと意識を注いでみよう、体験してみようって、この体験を謳歌してみようっていうような態度になれば、頭の中で不足とか何とかとか決めつけてることじゃなくって、そこにある本質が体験できるようになってくるんです。

その本質っていうのは充足っていうことです。
実は充足しかないんです。

自分の目に状況がどう映ってようが、それじゃない本当の本質のところ、充足は知覚できるようになってくるんです。

幻想から離れる最も手っ取り早い、確実な方法

だからその一見ネガティブなことに関しても、頭の中で仕分けするんじゃなくて全力で体験する。

この体験を存分にしてみようという態度になれば、どんな状況であっても、例えばネガティブな状況であっても、そこに充足を体験、発見するようなことになってくるんです。

それはまさに幻想から離れていくということです。

今この瞬間にとどまるっていうのは、まさに幻想から離れる最も手っ取り早い、確実な方法なんですね

だから頭で定義したことじゃなくて、思考じゃなくって、今この瞬間にとどまるぞ、ということで、意識をフィーリング、感覚の方に移していくっていうことはすごい大事なことです。

何かしたことの結果としてそうなるんじゃなくて、あ、充足があったんだ、もう既にそこにいたんだっていうことが、だんだんと分かってくるようになってきます。

そうすれば仕分け作業に没頭しなくても、どんどんどんどん意識をここに注ごうって態度になってくる。

子供みたいにまっさらになってその状況を体験しようとなれば、充足を受け取ることができるようになってくるんです。

全力でって言っても、そこにエネルギーを注ぐようなことではないんです。

その状況に対して真摯になるっていうようなことです。

頭でこうだよねって言わないってことです。

とにかく体験してみようと。全力で。存分に。
そういう意識を持ってみてください

そうすれば毎日やってるような日常みたいなことでも新規の体験みたいなことになってくるんです。
もう新鮮な目で捉えられるようになり、受け取ることも新鮮なことになってくる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

使える本物の情報を探す旅をしています。アタマは理系ですが、スピリチュアル的なことや非科学的なことが何故か好きでネットや本で調べています。世界は広く、まだまだ知らないことがたくさんあります。

目次